ローディング

2017.5.10

信頼できる補聴器メーカーはどこ?世界6大メーカー早わかり その1 シグニア(旧シーメンス)

※シーメンスは現在、シグニアという新ブランド名に変わっております。

シーメンス(ドイツ)

シーメンスってどんな会社?

シーメンスはドイツ発祥のグローバルカンパニー。ドイツの伝統的な職人魂を土台としたエンジニアリングと、世界的な広がりを見せるイノベーションで、130年以上の歴史を築き上げてきました。

現在、シーメンスは190か国に拠点を持ち、ヘルスケア、インダストリー、エナジーなどの幅広い分野で事業を展開しています。医療機器ではCTやMRIなどの先進的な機器をはじめとする豊富な製品を研究・開発し、病気の予防、検査、診断、治療、ケアまでのソリューションを提供しています。

シーメンスは医療機器の先進企業として世界的なスケールを誇り、補聴器業界においてもヨーロッパのリーディングカンパニーとして確固とした歩みを見せてきました。補聴器は1978年に原型を製品化して以来、独自の発想と技術で多くの製品を生み出し、現在は世界110か国で利用されています。2015年にはシーメンスの補聴器部門が独立して「シバントス社」となりましたが、シーメンス時代のモノづくりは変わらず引き継がれています。

シーメンスの補聴器の特徴は?

特徴1 優れたスピーチとノイズマネージメント

エアコンの音、クルマの音、街頭のざわめきなど、雑音と思われる音を自動的に抑えることで、人の言葉を聞き取りやすくします。また、環境に合わせて補聴器が自動的に設定を切り替えます。(全自動ダブルピント調整)

特徴2 アダプティブ指向性・トゥルーイヤー

自転車、バイク、クルマなど「動きのある音」を自動的に追跡し、補聴器使用者が顔を向けた方向の音に集中しやすくする指向性機能を搭載しています。

特徴3 スピーチフォーカス

フォーカス機能を搭載し、左右だけでなく前後から話しかけられた場合も、その方向からの声として重点的に拾うようにします。これによりさらに聞き取りやすくなります。

特徴4 ハウリングストッパー

ハウリングしやすい周波数の音を一時的にシフトさせることで不快なハウリング音を制御し、聞こえてくる音声を損なわずに、快適で安定した聞こえを提供しています。

特徴5 サウンドラーニング 2.0

補聴器使用者の好みに合わせ、聞こえてくる音を「種類」と「大きさ」で分類しながら、それぞれを高精度に学習し、好みの音を再現してくれます。

おすすめブランド

シグニア プライマックス シリーズ

おすすめのブランドは、シグニアブランド初の補聴器として2016年に発表されたプライマックスです。この補聴器のコンセプトは「Made for Japan」で、日本人の補聴器利用者の意見や要望をもとに開発され、日本人に合わせた音づくりに挑戦したとのこと。またプライマックスに搭載された新機能スピーチマスターにより、音声の聞き取り性能はさらに向上しました。

特にスピーチマスターの「全自動ダブルピント調整」では、例えば会議中のエアコン作動音、書類をめくる音、コーヒーカップを置く音など、本来の会話の聞き取りを邪魔する雑音を抑制し、聞きたい音声を明瞭に聞けるようサポートされています。駅や街頭などの騒がしい場所では、聞き取る範囲を絞りつつ、会話の声を大きくして聞きやすくすることもできます。

2015年、アメリカ・ノーザンコロラド大学で、聞き取りテストに回答する際の被験者の脳波を集めて分析が行われました。音声の聞き取りには複雑なプロセスがあり、脳にとって大きな負荷がかかります。そこで脳波を測定して聞き取りの労力を計測したところ、プライマックスの新機能を利用することで、静かな環境でも騒がしい環境でも聞き取りの労力が大幅に軽減することがわかったといいます(同社調べ)。

またプライマックスには、不快な反響音を抑制する「エコーシールド」や、音楽や演劇などをクリアな音質で鑑賞できる「ハイレゾ音楽」などの機能が搭載されています。カラオケ専用モードもあり、いろいろな工夫がされています。固定電話で通話する時、受話器を補聴器に近づけると自動的に電話用の聞こえモードに切り替わり、電話の通話も両耳で聞こえるので、話しやすさは抜群です。

おすすめ商品

プライマックスシリーズ

周囲が騒々しい環境でも補聴器を使いたい方におすすめ!

開発のコンセプトは「日本語をしっかり、楽に。」 日本の補聴器ユーザーを対象とした検証では プライマックスは「静かな環境」でも「騒がしい環境」でも 言葉の聞き取りにおいて 従来品よりも高い正答率が得られました。

適応:軽度~重度 片耳価格:25万~54万円 両耳価格:47万5000円~102万6000円

シーメンス+ヒヤリングストアのコラボレーション限定モデル HS-15

見えにくく、しかもパワフルな補聴器

ヒヤリングストアとシーメンスの共同企画で生まれた限定モデル「Insio CIC ブラックシリーズ」(モデル名:HS-15)もおすすめです。このモデルは、お客様から寄せられた「もっと見えにくい補聴器がほしい」、「もっと小さくてパワフルな補聴器はないのか」という声にお応えし、ヒヤリングストアとメーカーがタッグを組んで企画しました。これまでで最も小さく、見えにくい超小型オーダーメイド補聴器として注目を浴びています。

7bx CIC    適応:軽度~中等度 ~65db 片耳47万円 両耳84万6千円
7bx CICパワー  適応:軽度~中等度 ~70db 片耳48万円 両耳86万4千円
5bx CIC      適応:軽度~中等度 ~65db 片耳33万円 両耳59万4千円
5bx CICパワー  適応:軽度~中等度 ~70db 片耳34万円 両耳61万2千円

シグニア補聴器ホームページ

バナー

おすすめ記事

2020.8.25

2020.8.25

2020年に日本初上陸!PHILIPS(フィリップス)補聴器早わかりガイド

2020.2.27

2020.2.27

気になる補聴器の価格や、つけるタイミングなど。補聴器に関するQ&Aあれこれ

2020.1.30

2020.1.30

世界の補聴器6大メーカー情報(2019年度版)