ローディング

2020.9.2

小型補聴器専門店ヒヤリングストア メルサ銀座2丁目店 店長インタビュー(2020年版)

ヒヤリングストア メルサ銀座2丁目店

                                         店長 伊藤

  

 

 

Q1 まずは店舗の紹介をお願いします。

MELSA Ginza-2のテナントとして店舗を構えてから、おかげさまで4年目を迎えました。MELSA Ginza-2は、銀座の中央通りに位置しており、東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅から直結の商業施設です。

お仕事やお買い物のついでに立ち寄りやすい立地のため、メルサ銀座2丁目店には、周辺にお住いのお客様だけでなく、お近くにお勤めの方や、遠方のエリアからいらしたというお客様も多数お越しいただいております。老若男女問わず、さまざまな年代の方がいらっしゃるのも特徴です。夜の19時まで営業しているため、お仕事帰りのビジネスマンの方にも多くご利用いただいております。

Q2 店舗自慢の設備・サービスについて教えてください。

対応スペースはプライバシーに配慮した個室設計となっております。そのため、基本的にお客様同士が顔を合わせることはありませんが、ご予約の時間帯を貸し切ってご利用いただくことも可能でございます。ご予約の際にお気軽にご相談ください。

個室には街の雑踏や駅のホームなど、さまざまな音環境を再現し、実際の環境に近い状況を作り出す『環境音体験システム』を設置しております。また、店内のテレビを使用し、テレビの音声が補聴器でどのように変わるのか、実際の地上デジタル放送を流しながら補聴器の微調整を施すこともできます。補聴器は生活の中で使うものですから、お客様の生活により近い環境で調整することを心がけております。

Q3 店長の自己紹介をお願いします。

前任の山本が新規オープンしたマルイシティ横浜店店長となり、私が後任としてメルサ銀座二丁目店店長として赴任しました。今まではお客様のご自宅へ伺い、補聴器の販売や調整する部署を担当していました。

また、前職は補聴器メーカーの営業をしておりましたので、認定補聴器技能者としての知識はもちろんですが、メーカー時代に培った知識を生かしてお客様に最適なご提案が出来るよう努めて参ります。

 

Q4 店舗のスタッフからコメントをいただけますか。

「『最近、家族にテレビの音が大きいと言われる。』『話している時に、前と比べて聞き返しが多くなっている。』

これらはお客様の訴えの中で最も多い悩みの例です。補聴器ってどんなものなのか、自分に合っている補聴器は見つかるのか。お客様のニーズに合った補聴器をご一緒に考えさせて頂きます。また、よりよい聞こえを通じて、抱えている悩みや不安を解消し、一人でも多くのお客様に笑顔になっていただくことが私たちの願いです。」

Q5 最後に、補聴器の使用を検討している方へのメッセージをお願いします。

補聴器を使用することには、誰もが不安と期待の気持ちが入り混じるものです。

「聞こえは良くなりたいけど、補聴器を使用することに抵抗がある」といった素直なお気持ちを私たちにぜひ打ち明けてください。小型補聴器を専門としている私たちだからこそ、お役に立てることがあると思います。お帰りの際には、「このお店に来てよかった」と思っていただけるように、誠心誠意サポートさせていただきます。

スタッフ一同、ご来店をお待ち申し上げております。

バナー

おすすめ記事

2020.8.25

2020.8.25

2020年に日本初上陸!PHILIPS(フィリップス)補聴器早わかりガイド

2020.2.27

2020.2.27

気になる補聴器の価格や、つけるタイミングなど。補聴器に関するQ&Aあれこれ

2020.1.30

2020.1.30

世界の補聴器6大メーカー情報(2019年度版)

月別アーカイブ