補聴器購入の補助金・助成制度について

障害程度等級に該当している場合、障害者総合支援法の
補装具費支給制度によって補聴器の購入費を軽減出来ます

平成25年4月1日に身体障害者福祉法が改定され、新たに障害者総合支援法が施行されました。この法律は、障害者が自立した日常生活を送れるように支援をおこなう法律。難聴の方で、障害者等級に該当している場合は、この法律によって補装具費として、補聴器の購入費用が支給されますのぜ、ぜひ活用してください。

補装具費支給を受けるには障害者手帳取得が必要

手帳の取得は認定医の測定を受けての判定が必要です

装身具費を受給するには、障害者手帳が必要です。そのために、まずは自分の難聴の度合いが障害者等級に該当するかどうかを確認するために、市区町村の「指定医」として認定されている耳鼻咽喉科に測定してもらいましょう。該当している場合、所定の手続きをおこなうことで、お住まいの市区町村から障害者手帳が交付されます。なお「指定医」がいる病院がどこかわからない場合は、役所の福祉課に問い合わせれば教えてもらえます。

級別障害の状態
2級重度難聴用両耳の聴力レベルがそれぞれ「平均100デシベル以上」のもの(両耳全ろう)
3級両耳の聴力レベルが、それぞれ「平均90デシベル以上」のもの
(耳介に接しなければ大声話を理解し得ないもの)
4級高度難聴用両耳の聴力レベルがそれぞれ「平均80デシベル以上」のもの
(耳介に接しなければ話声語を理解し得ないもの)
両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が「平均50%以下」のもの
6級両耳の聴力レベルが、それぞれ「平均70デシベル以上」のもの(40cm以上の距離で発声された会話語を理解し得ないもの)
一側耳の聴力レベルが「平均90デシベル以上」、他側耳の聴力レベルが「平均50デシベル以上」のもの

※原則として2級、3級に重度難聴用、4級、6級に高度難聴用が支給されますが、例外もありますのでご注意ください。

障害者手帳を取得の流れ

障害者手帳の取得は、以下の流れに沿っておこなってください。もしも不明な点などがあった場合は、お住まいの市区町村の役所の「福祉課」まで問い合わせましょう。

お住まいの市区町村の役所(福祉課)で「身体障害者手帳交付申請書」を貰う

※この時、「指定医」がいる病院がどこか分からない場合、この時に合わせて聞いておくことをおすすめします。

Arrow

指定された病院で測定を受け、「身体障害診断書・意見書」を書いて貰う

Arrow

お住まいの市区町村の役所にある「福祉課」に、「1」と「2」の書類を提出する

【提出書類】身体障害者手帳交付申請書、身体障害診断書・意見書

Arrow

役所による書類の判定がおこなわれ、問題なければ障害の程度に応じた等級の手帳が交付される

※一般的に交付までは1~2ヶ月程度かかります。

※上記は、基本的な補聴器支給制度の流れであり、各市区町村により異なる場合があります。詳しくはお住まいの市区町村「福祉課窓口」でご確認ください。

補聴器購入費用給付の流れ

装身具費は、障害者手帳が交付されたら自動的に支給されるものではありません。以下の手順に沿って、費用給付の申請をおこないましょう。

指定の耳鼻咽喉科で「補聴器支給の意見書」を貰う

Arrow

「1」の書類を持って、ヒヤリングストアで「見積書」の作成を依頼する

Arrow

お住まいの市区町村の役所にある「福祉課」で、補聴器給付申請の書類に記入し、
「1」と「2」の書類と共に提出する

【提出書類】補聴器給付申請書、補聴器支給の意見書、ヒヤリングストアの見積書

Arrow

役所による書類の判定が行われ、問題がなければ後日郵送にて送られてくる
「補装具(補聴器)費支給券」を受け取る

※一般的に郵送までは1~3週間程度かかります。

Arrow

「4」で受け取った「装身具(補聴器)費支給券」と印鑑を、見積書を依頼した
ヒヤリングストアに持参し、補聴器を受け取る

※上記は、基本的な補聴器支給制度の流れであり、各市区町村により異なる場合があります。詳しくはお住まいの市区町村「福祉課窓口」でご確認ください。

※自己負担額は、原則1割負担となります。ただし、所得によっては例外もあります。

補聴器購入基準価格表

高度難聴用
ポケット型
JIS-C-5512-2000による90デシベル最大出力音圧のピーク値の表示値が140デシベル未満のもの。
90デシベル最大出力音圧のピーク値が125デシベル以上に及ぶ場合は出力制限装置を付けること。
¥34,200
高度難聴用
耳かけ型
¥43,900
重度難聴用
ポケット型
90デシベル最大出力音圧のピーク値の表示値が140デシベル以上のもの。
その他は高度難聴用ポケット型および高度難聴用耳かけ型に準ずる。
¥55,800
重度難聴用
耳かけ型
¥67,300
耳あな形
(レディメイド)
高度難聴用ポケット型および高度難聴用耳かけ型に準ずる。
ただし、オーダーメイドの出力制限装置は内蔵型を含むこと。
¥87,000
耳あな形
(オーダーメイド)
¥137,000
骨導式
ポケット型
IEC Pub 118-9(1985)による90デシベル最大フォースレベルの表示値が110デシベル以上のもの。¥70,100
骨導式
眼鏡型
¥120,000

※自己負担額は、表中の「基準価格」の1割負担となります。ただし所得によっては例外もあります。

補装具費支給のふたつの方法があります

補装具費支給には、次のふたつの方法があります。

<償還払い方式>
補聴器店で全額支払った後、お住まいの市区町村に還付請求する方法です。
請求を受けた自治体は、自己負担額(原則1割)を差し引いた金額を支給します。

<代理受領方式>
補聴器店で、自己負担額のみを支払う方法です。
いくら負担しなければならないかは、「装身具(補聴器)費支給券」に記載されています。
この場合は、補聴器店が自治体に金額を請求するため、利用者の手間も、一時的な金銭の負担も大きく軽減出来ます。

  • head
  • ヒヤリングストアは補装具費代理受領方式が可能です

    代理受領方式は、利用者の補装具費用の全額を支払いをすることの負担をなくすための制度です。利用するには以下の条件が必要です。

    ・利用者が代理受領方式を希望し、かつ補装具業者に代理受領の委任をしていること(委任状が必要)
    ・補装具業者が、あらかじめ自治体に代理受領の申し出を行っていること

    ヒヤリングストアは、自治体に代理受領の申し出をおこなっており、代理受領方式を承ることが可能です。
    ぜひお気軽にご相談ください。

  • foot

※補装具費の代理受領に関する手続や種類については、お住まいの市区町村の役所の「福祉課」までお問合せください。