乾燥機などメンテナンスについて

補聴器の耐用年数は一般的に5年程度と言われています。しかし取り扱いに注意し、定期的にメンテナンスをおこなっていれば、修理が少なく長持ちさせることも可能です。ぜひ適切なお手入れを行って、ご愛用の補聴器を長持ちさせてください。

補聴器のお手入れ

保管方法について

補聴器は精密機械ですので、水気や湿気が非常に苦手です。そのため、補聴器が汚れたり、濡れてしまった場合は、まずは乾いた布で拭きとってください。また、長期間使わない時や夜間の外している間は、乾燥機や乾燥ケースに入れて保管することをおすすめします。乾燥機やケースでの保管は、補聴器を長持ちさせるだけでなく、どこに置いたか忘れてしまうことなどを防ぎ、紛失する可能性も大きく減らしてくれるので、ぜひご利用ください。

維持・管理に専用の道具を揃えましょう。

  • 補聴器 清潔乾燥機

    補聴器 清潔乾燥器
    ドライ&ストア ゼファー

  • ドライ&ストア用乾燥剤

    ドライ&ストア用乾燥剤
    ドライブリック II

  • シーメンス補聴器用乾燥ケースA

    シーメンス
    補聴器用乾燥ケースA

(左)ヒーターで温めた空気をファンで循環させつつ乾燥させながら、電池寿命も減らさない電気式の乾燥機「ドライ&ストアゼファー」
(中)専用の乾燥剤「ドライブリックⅡ」は、1セットで1年分使えて経済的です。
(右)シーメンスの定番乾燥ケース。補聴器の大敵である湿気を防ぐ。使用している乾燥材は詰め替え用あり。

自分で出来るクリーニング

補聴器は、ある程度であれば自分でもクリーニングをおこなうことが可能です。補聴器はお客様にとって日々の生活に不可欠で大切なパートナーです。ぜひ定期的なクリーニングをおこなって、大切な補聴器を長持ちさせてください。

ただし、補聴器の掃除方法は、耳あな型では、音の出入口の汚れをブラシなどで取り除いたり、耳かけ型では、イヤモールドの本体洗浄やチューブ内部の水滴をエアブロワーで吹き飛ばすしたりと、タイプによって異なります。

定期的にお近くのヒヤリングストアまで点検・クリーリングにお越しください

自分で定期的にクリーニングをしていても、内部の細かなゴミをすべて除去することは難しいものです。一年に一度は補聴器店で専門家による点検やクリーニングをおこなうことをおすすめします。
ヒヤリングストアでは、点検・クリーニングをご依頼いただければ、内部に溜まった汚れやゴミ、発生したサビを徹底的に取り除くと同時に、性能チェックもおこなわせていただきますので、ぜひお越しください。

補聴器のトラブル

故障?と感じた時の対応方法

補聴器が正常に動作しない場合は、故障だと思う前に、以下の点についてまずは自分でチェックしてみましょう。

音が出ない
音が出ない時の最も多い理由が、電池です。電池がなくなっていないかどうか、まずは確認することをおすすめします。また新しいものに交換したと思っていても、間違って古い電池を入れている場合もありますので、その点も再度ご確認ください。

音が小さい
音の出入口に、耳垢やゴミが詰まっていると、音が出にくくなっていることがあります。その場合は、音の出入口を掃除してください。

ピーピーという音がする
補聴器が耳にフィットしていない場合、このような音がする場合もあります。装用し直すことで治る場合もありますが、何度も繰り返しなるようでしたら、イヤーモールドやシェルが歪んでしまっていることもありますので、補聴器店に相談してみると良いでしょう。

自分でチェックしてもうまくいかない場合や少しでも気になる点があるときは、
気軽にヒヤリングストアのスタッフにご相談ください。

補聴器の異常を感じたら、まずは電池の交換、そして音の出入口のクリーニングをお試しいただき、それでも改善されない場合、また気になる点があるようでしたら、ヒヤリングストアまでお越しください。専門のスタッフが、お持ちくださった補聴器をしっかりとチェックさせていただき、問題がある場合は修正したり、メンテナンスに関するアドバイスをさせていただきます。