シーメンスとヒヤリングストア共同企画限定モデル

バナー

「もっと見えにくい補聴器が欲しい」、「小さくてパワフルな補聴器はないのか」……ヒヤリングストアに寄せられたそんなお客様の声を実現するべく、ドイツの補聴器メーカー・シーメンスとタッグを組んで企画したのが、「Insio CIC ブラックシリーズ(モデル名:HS-15)」です。

sample2 sp_sample

プレミアム・スモール補聴器「HS-15」 2週間無料レンタルキャンペーン中

共同企画 モデル「HS-15」を2週間無料貸出を実施中

無料貸出を実施中

共同企画 モデル「HS-15」を2週間無料貸出を実施中

ご自宅や職場で実際にご検討される補聴器を体験いただく貸出システム。
身分証明書のご提示と保証金2万円をお預かりし、返却時にご返金いたします。

HS-15の「こんなにも目立たない!」を動画でご覧ください。

目立ちにくいデザイン、より自然に近い聞こえ、快適な装用感、補聴器はどんどん進化しています。

Insio CIC ブラックシリーズ

小さくて周囲から気づかれにくい

日本の補聴器の普及率は、欧米に比べて半分以下ということもあり、補聴器の装用を周りに知られたくないという方はたくさんいらっしゃいます。 Insio CIC ブラックシリーズは、まさにそんな方にうってつけ。ボディのすべてが外耳道にスッポリと収まるCICタイプなうえ、黒のフェイスプレートを用いることで、側にいる人にも装用していることにほとんど気づかれることはありません。

パワフルで快適な聞こえ

CICタイプの補聴器は、そのサイズの小ささから、どうしても音量のパワフルさで、耳あな型でも大きめのカナルタイプや、耳かけ型に劣ってしまいがち。 しかしInsio CIC ブラックシリーズでは、シーメンスが誇る職人の熟練の技によって、小さなスペースに出来るだけ強力なパワーを持ったパーツを詰め込むことに成功。小いながらも、パワフルな音量を備えた快適な聞こえを実現しました。

どんな環境下でも不快なハウリング音を抑制

シーメンスの高い開発技術を駆使することで、ハウリング音を極力抑制。ヘッドホンをしていても、受話器を耳にあててても、ピーピーという不快な音がしない作りになっています。

製品企画への想い

日本の補聴器の普及率は、欧米に比べて半分以下と言われています。そんな中、堂々と補聴器を装用することは、現代の日本の文化、日本人のメンタリティでは、なかなか抵抗があるというのが実状です。 そのため代表の清水は、常日頃から「究極の補聴器は付けているのが分からない補聴器である」という思いを持っていました。

そこで、補聴器メーカーの中でも「ユーザーの声を聞き、それを製品に反映させる」ことを大切にしているシーメンスに、補聴器の共同企画を打診。長年、自身補聴器を愛用している清水の熱い思いを汲んだ、小さくてパワフルな補聴器を製作するに至ったのです。

開発当初は、日本人からすると決して小さいとは言えないサイズのものしかなかったシーメンスの耳あな型補聴器を、性能はそのままにコンパクトに凝縮。小ささとパワフルさの両方を兼ね備えることに成功。 加えて、これまでベージュしか存在しなかったフェイスプレートを、より目立たないよう黒にするなど、数々のこだわりを形にして、今のInsio CIC ブラックシリーズが誕生しました。

ヒヤリングストアの想いと、シーメンスの高い技術力が重なることで完成した、このInsio CIC ブラックシリーズ。 ぜひご利用いただき、その小さなボディとクリアな聞こえによって生み出される、気持ちや行動に負担のない快適な生活をお楽しみください。

  • head
  • モデル名「HS-15」に込められたこだわり

    photo
    シーメンス補聴器
    工場長 大山 清和

    Insio CIC ブラックシリーズは、開発段階より「HS-15」というモデル名が与えられていました。この名前の中にある「15」には、大きさを全長15mm以内に収めるという意味が込められています。 通常、一番小さなCICタイプは全長20mmを基準としているため、そこから体積比で25%も小さくしなければ、15mmというボディは実現出来ません。 そこでシーメンスは、補聴器内部のパーツをすべて見直しつつ、最小スペースに互いの部品が干渉しあうことないよう配置。性能はそのままに「HS-15」というモデル名に恥じない、全長わずか15mmという小型補聴器の開発に成功したのです。 サイズにこだわった世界唯一のオーダーメイド補聴器となる、本シリーズに対するこだわりと想いを、ぜひその耳でお試しください。

  • foot